2007年09月15日

子供 と 子ども5

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

ちびっこボクシングをはじめ、「子ども」へのボクシング指導に力を入れている西院ジムですが、HPの表記などで、「子供」と書かずに「子ども」と一貫して明記していることにお気づきでしょうか?

これ。
「子供」という表記はダメ。「子ども」って書くべきだという主張があるんです。教育界などでは、この考えはかなり普及しているため、それに従っての明記なんですよね。


まあまあ個人的には、子供の「供」には、主(ぬし)に付き従う者という意味であるからダメ、子どもの「とも」には、同格の仲間という意味があるから「子ども」と表記しようという考え方には???。。。

だいたい大人と子が同格だという発想自体がバカげてます。

それに「子ども」の接尾辞としての「ども」は、人間につける場合は卑下して用いられる意味合いですしね〜。。


それでも「子ども」と接する仕事をしてるなら「子供」と表記するのは控えたほうが無難ですので西院ジムのHP関連では「子ども」に統一してるっていうわけです(笑)。
(最近のモットーは「長いものにはまかれろ」デス・笑)


まあ。
ボクシング界でも「子ども」の教育を掲げるなら、青少年育成とかいう意味不明な言葉を羅列するだけじゃなく、もうちょっと言葉の使い方をひとつひとつ勉強したら?って思う今日このごろ。←そうしないと、いつまでも認知されないと思いますけどね。。

でも。
モットーが長いものにはまかれろ、なのでブログでボソボソつぶやくだけにしときます。(笑)

kyotosaiin at 11:24│Comments(0) 日記 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔