2006年10月31日

もうすぐ友人がラストファイトをします!5

ca1853af.JPGちょうど一年前に同い年のプロボクサーから電話はあり、
「引退させられるかどうかのスパーをやらなくてはならない」
と知らされたので、仕事の途中に抜け出して、彼の所属ジムまで応援に行った。


到着すると、すでにスパーは始まっており、彼は明らかな劣勢。。
パンチにも力が入っていない。


「最後なんだから、頑張れ!もっと思いっきり!」


思わず叫んだが、何だか泣きそうになり、なかなか声にならない。
スパー終了の3R目には、はっきり言って涙で様子すらよく分からなかった。


そんなマスボクシングのような軽いパンチのやり取りを見ていると、非常に辛くて終了のブザーが鳴ると同時に、ジムの外に出て泣いてしまった。


何だか自分自身が試合に負けたときのような悔し涙だった。


ところが、そのプロボクサーから一言。



「すんません、今日マスボクシングやったんです・・」



え??

今何と??


聞けば、結局引退をかけたスパーリング自体がなくなり、(結局、続行するらしい)とりあえず普段の練習の一環としてマスボクシングをしていただけとのこと。。


・・・。


もしかして、


マスボクシングなのに

「もっと思いっきり」

とか叫んでたのか?


・・・。


しかも、マスボクシングを見て

勝手に涙流してたのか?


・・・。

さらには、単なるマスに自分の姿を映して??


え?

え??

・・・。


はすかし〜!!!
っていうか先に言えや〜!!!




その後、しばらくそのジムには行けなかった。はい。。







で、ちょうど1年後の一昨日だったかな?

そのプロボクサーから、現役最後の試合をする旨を聞いた。


・・・。


何だか複雑な気分ですが(笑)、たぶん今のところ一番応援している人(ジムの会長としてではなく、いち友人として)なので頑張ってほしい。












kyotosaiin at 01:24│Comments(0) 日記 | 日記

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔