2006年03月11日

3月11日(土曜日)の西院ジム5

いつも土曜日は比較的、練習にいらっしゃる方が多いのですが、今日は特別多かったです。

16:00台で練習ノートは2枚目に突入(1枚=40名)。

「IHに出場する人は土日も16:00から練習しよう」という自発的な呼びかけの下、かなり盛り上がってました。


一方の私は、昨日の「花粉の薬」の影響で当初頭がボーとしてましたが、周囲の熱気から元気をもらえたのか、だんだん元気になってきました★
(単純に薬の副作用がなくなってきただけって感じもしますけど・笑)


それはそうと、現在「シャドーボクシング」は上手いけど、実践でそれを発揮できないで悩んでいる子がいます。

こういう悩みを持つ人って意外と多いと思うんですが、どうでしょうか?

かく言う私もそんな一人でした。

え?どうやって乗り越えたか、ですって??

練習あるのみ!

単純で非合理的かもしれませんが、人より多く練習すればいずれできるようになる。そう信じてやっていけば絶対にできるようになります。センスのなかった私でもかなり時間はかかりましたができるようになりました。

よくよく思い出せば、現役時代のそういう「頑張る」経験っていうのが、色々なところで生かされていると思います。

たとえば、ジム開設当初、会員数が50名も居なかったころは、「人より頑張れば必ずジムは賑わうはずだ」「売り上げが少ないのなら人より多く働くだけだ」という気持ちで毎晩毎晩ビラを配布していました。

今考えれば、たしかに非合理的な宣伝方法であったけれども、結果は出ました。

この高度情報化時代。あれは非合理的、こうしたほうが楽だとか、もっともらしいことがあらゆる側面で口にされていますが、意外と「非合理的」を口実に逃げている人が多いのも事実ではないでしょうか?

非合理的な言い方かもしれませんが、非合理的なことでしか「精神」は鍛えられないと思っています。
そして「精神」=「心」が強くなければいくら合理的に上っ面の技術だけを向上させても、本当の意味で強くはならないと思っています。

出来なければ頑張るだけだ。
頑張らなければ出来ないだけだ。

あれ?なんか自分自身に言い聞かせてるみたいですね(笑)
じゃあ、ついでに・・。

1日1回の練習って誰が決めた?(1日●時間の労働時間って誰が決めた?)
本当に結果を出したいのなら他人が休んでる間に頑張るしかないでしょう。

・・・・。
やっぱり元気な人達の中にいたせいで、生気がみなぎってきたみたいですね(笑)





kyotosaiin at 20:05│Comments(0) 日記 | 日記

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔